不動産売却までの期間について

イエウール机上査定【完全無料】

イエウール机上査定【完全無料】


イエウールはウェブ上で不動産売却の一括無料査定ができます。
イエウール机上査定なら誰にも知られずに不動産査定ができます。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

不動産が売れるまでの期間。これは、売りたいと考える人なら誰しもが気になるところです。

 

どんなに素晴らしい物件でも、何年も売れなければ価値は下がっていってしまいますからね。

 

今回は、不動産売却までの期間についてお伝えしていきます。

 

 3ヵ月スパンで考える

 

不動産が売れるまでの期間というのに決まった数字はありません。
物件によっても差がありますし、マンションと戸建てではマンションの方が買い手が付きやすいという特性もあります。

 

ですが、一般的な基準としては3ヵ月、もしくは6ヵ月で考えるといいでしょう。

 

これは、不動産会社と結ぶ契約が3ヵ月ごとの更新になっているという事情があります。

 

この不動産会社に任せますよ。という専任媒介契約や専属専任媒介契約が3ヵ月ごとに更新が必要になるからです。

 

つまり、実際に広告や営業などをかける不動産会社が3ヵ月を基準に考えるので、売れる目安を3ヵ月もしくは次の更新の6ヵ月と考えるといいでしょう。

 

 希望がある場合は伝えておく

 

例えば、事情があってどうしても早く売りたいという場合もあるかもしれません。
その場合は、スピード感を考慮した営業、値段設定をしていく必要があります。
必要に応じて値下げなども検討していきましょう。

 

逆に高く売りたい場合は、値段重視にしなければいけないので、値引きはしたくないなどの希望は伝えておくといいでしょう。

 

 長期間売れない物件は…

 

物件が早く売れることに越したことはありませんが、焦りは禁物です。
焦った末の値下げによって、本来の値段より大幅に安くなってしまうことは不動産の世界ではよくあることです。

 

ですが、だからといって長期間売りに出すというのはもっとオススメできません。
物件によりけりなので、決まった期間はありませんが、あまりにも長期間売りに出しておくと、売れ残っている物件というイメージが付き、買い手側も買うことを躊躇してしまいます。
さらに、不動産会社側も、なかなか売れない物件に広告費を払い続けるのは厳しいため営業の力を緩めてしまいがちです。

 

ですので、3〜6ヵ月を基準に考えて、それを超えてしまいそうなら値下げなどを考えていく必要があるでしょう。

 

 不動産会社の怠慢の可能性も…

 

適正価格で、且つ環境に問題がないのに、なかなか売れないという場合、不動産会社の見直しも必要です。

 

値段設定が悪い場合は、どの不動産会社を利用してもなかなか売れるものではありませんが、値段が適正であれば不動産会社に問題があることもあります。

 

営業活動をしてくれなかったり、仲介手数料を多くとるために囲い込みをするなどがあげられます。
両手仲介と言って、売り手、買い手の両方から仲介手数料をとるために他の不動産会社に情報を流さなかったりする行為です。

 

信用できないとなったら、契約更新の段階で思い切って不動産会社を変更しましょう。

 

そうならないためにも、不動産会社選びは慎重になったほうがいいのです。