不動産売却時の仲介手数料について

イエウール机上査定【完全無料】

イエウール机上査定【完全無料】


イエウールはウェブ上で不動産売却の一括無料査定ができます。
イエウール机上査定なら誰にも知られずに不動産査定ができます。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

不動産の売却をするということは、代わりに買い手を探してもらうわけなので、仲介手数料が発生します。

 

仲介手数料のことを知らないと、間違って悪質な不動産会社を選んでしまう可能性もでてきます。

 

ですので、不動産の売却を考えるなら、仲介手数料についても知っておきましょう。

 

 契約成立時に発生

 

当たり前と言えば当たり前ですが、仲介手数料は契約時に支払うものです。
契約すると決めていないのに仲介手数料を支払う義務はありません。

 

 仲介手数料には上限がある

 

不動産の仲介手数料は、宅地建物取引業法によって上限が決められています。
ですので、上限を超えて手数料を請求してくる業者は違法ですし、全く信用できない業者です。
万が一にもそういった不動産会社との取引は避けるようにしましょう。

 

 基本的には先に半分支払う

 

不動産売買の契約が成立すると、不動産会社に仲介手数料の請求権が発生します。

 

ですので、契約が決まったときに仲介手数料を全て不動産会社に支払うのは法律の範囲内になります。

 

ただし、不動産売買では契約が決まった時点では引き渡しまで完了していないことが多いことから、一般的には契約締結時に仲介手数料の半分を支払い、実際に物件を引き渡した時に残りの半分を支払うことが基本となっています。

 

 仲介手数料の費用とそれ以外の費用

 

通常の仲介業務では、売買時に仲介手数料以外を請求してはならないという法律があります。ですので、仲介手数料以外の広告費や現地案内の費用などを請求されることはありません。

 

ただし、売り手側が特別に広告をうってくれと依頼した場合などにはその費用は発生しますので覚えておいて下さい。

 

仲介手数料の上限額について説明します。仲介手数料の上限は、3つの区分に分けられて、手数料の上限が変化します。

 

取引額200万円以下は取引額の5%以内、取引額200万円以上400万円以下の金額は取引額の4%以内、取引額400万円以上は取引額の3%以内です。
400万円を超えた場合、その分は分解して計算するので、損になることはありません。

 

 仲介手数料の注意点

 

仲介手数料について知っていないと、知らないのをいいことに足元を見られる可能性もあります。
以下に当てはまる不動産会社には注意しましょう。

 

  • 手数料の上限を超えて額を提示してくる
  • 仲介手数料以外にもあれやこれやと上乗せしてくる
  • 上限を超えた額を一律ですよと嘘の説明をしてくる

 

このようなことを言ってくる不動産会社との取引はしないように注意して下さいね。