不動産売却時の即金即買と仲介の違いを知る

イエウール机上査定【完全無料】

イエウール机上査定【完全無料】


イエウールはウェブ上で不動産売却の一括無料査定ができます。
イエウール机上査定なら誰にも知られずに不動産査定ができます。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

 不動産は即金売買が可能

 

通常、不動産を売却する際は、不動産会社に間に入ってもらう「仲介」という方式が一般的です。
仲介とは、宣伝や営業を不動産会社に任せて、売買自体は売り手と買い手の間でおこなうという手法です。
この方法が一番ベターな方法で、不動産売却と言われたら、まずはこれをイメージしましょう。

 

ただ、不動産売却時には「即金即買」と呼ばれる方法も存在します。
どんな物件であっても基本的に即金即買が可能なので、すぐにでも現金が必要という人には凄くオススメできる方法です。

 

 即金売買のメリットとデメリット

 

即金売買の一番のメリットは、すぐに現金がもらえることです。
仲介の手法の場合は、売れるまでは現金が入ってくることはありませんし、いつ売れるのかという保証も当然ありません。1年経っても売れないこともあるのです。
その点、即金売買は不動産会社に直接買い取ってもらえるので、契約が成立さえすれば売れ残るという心配はありません。
すぐにでも次のマンションの購入資金に充てたい場合など、急ぎで現金が必要なときには有効です。

 

もう一つのメリットとしては、手間も少なくなるという点です。
仲介の場合は、不動産会社選びで悩み、さらに買い手が見つかった際の交渉の際にも手間が必要になるからです。
というのも、仲介でなかなか売れない物件は値下げ交渉などを受け付けなければならないからです。
なかなか売れずに値下げをしていって、結果的に凄く安くなってしまったという事例もあるそうです。
即金売買なら交渉成立後、契約手続きをしてそれで終わりです。

 

デメリットとしては、金額が安くなってしまうという点があります。
買い手側の不動産会社もその家に住むわけではなく、転売して利益を出すために購入するため、当然一般に売りに出される価格よりは安く買い取る形になります。
家電や家具を売るときに業者に持っていくと安くなってしまう理論と同じですね。
ですので、最高値での売却を考えている場合にはオススメしません。

 

 即金売買は一括机上査定がオススメ

 

即金売買は、単純に高値で買ってくれる会社が一番というシンプルな構図なため、まずは一括机上査定をすることをオススメします。
即金売買は金額が安くなってしまうというデメリットがあることは説明しましたが、一括机上査定ならこのデメリットを最大限減らすことが可能です。

 

仲介の机上査定サイトは大抵の場合、即金売買にも対応しています。
仲介で高値を付けてくれそうな不動産会社に即金売買の交渉を持ちかけてもいいでしょう。

 

不動産は少しの差が数100万円という世界なので、一度に複数社と交渉ができる一括査定が一番です。
仲介での売買と変わらないくらいの金額で売るための努力は惜しまずにいきましょう。